akari庵

クライアントは1950年代の車を2台所有し、家具、照明器具のコレクションも多数持っている

クライアント自らも絵画、彫刻、写真などを趣味とし、住宅内をそれらのためのギャラリーのような空間にして欲しいとの要望であった

周囲は新建材に覆われた住宅が建ち並びはじめ、その環境の品位の低下に警鐘を鳴らす意味を含みつつ、 周囲に対しては閉ざし、豊かな屋外空間を内包する建築となるよう計画した

外界、俗世の様々な要因を生活空間の中から排除し、モノや人が主役となれる空間を心掛けている

 

構造:我伊野構造設計室
施工:成弘建設
写真:高田洋三、YOKO SATO

 

2008/kanagawa