+400

5匹の柴犬と共に暮らす家

都内の閑静な住宅街の約50坪の敷地に、犬中心となる生活スタイルに合わせるよう大きな犬小屋を造る感覚で計画した

犬との共存のために人が楽をする家ではなく犬の立場になって、日々、楽しく生活できるようなプランとなっている

犬自身の意志によって、家の中、庭などを自由に往来できる空間となるよう試みた

 

構造:我伊野構造設計室
施工:友伸建設
写真:高田洋三

2006/tokyo