劫の家

都心にある新旧の雰囲気入り交じる商店街。
この路地を曲がってするに位置する住宅。

23坪ほどの敷地に木造三階建て。

ご夫婦お二人のために設計された住宅で中庭を中心にレイアウトされた居室は、ホームエレベーターによって各階バリアフリー仕様となっている。

各部屋の仕上は木、石、貝殻など自然を意識させる素材をふんだんに利用し、都市部の生活の中に自然を感じさせ、地球からの授かり物とも言える豊かな空間を演出。

厳選された本物の素材をふんだんに使用した空間は、偽りの素材を使ったものでは味わえない経年変化の喜びがある。
徐々に施主とともに成長を続ける住まい。
そこに本当の意味での人との融合があり、住みやすく、愛される住まいが生まれる。

 

施工:匠陽

写真:木田勝久/FOTOTECA

 

2014/tokyo