中庭のいえ

商業エリアに位置する敷地、来客も多く人をもてなす機会の多い住まいです。

周囲の喧騒を抜け、敷地に入ると人々に遠い古都の記憶を呼び覚ますような路地のような空間に誘われ、中庭へと導かれます。

そこは非日常の世界。

玄関に入ると「離れ」のような和室と住居空間に挟まれた土間空間が広がります。

中庭を囲うように各居室が配置され、日々の生活に質の高い屋外空間、自然を感じることができる空間となっています。

2階へ上がると子供達との交流を図る活動的な場としてセカンドリビングも用意されています。

西面には坪庭もあり、浴室や書斎といった個の空間に安らぎを与える役割も。

中庭型の住宅でありながらも、耐震等級3とZEHの対応もされた住まいであり、次世代型の住まいと言える住宅となっています。

 

構造:我伊野構造設計室

施工:竹並建設

写真:傍島利浩

 

2019/saitama