鎌倉GHプロジェクト

鎌倉で計画された多目的スペースと賃貸住宅併設の住宅である。

もともとオーナー住居兼賃貸だった鉄筋コンクリート造の建築をリノベーションする計画。

賃貸の一部屋を地元の方々と趣味を共有できるような多目的スペースにすることから始まったプロジェクトである。

南面に庭があり、多目的ホールはこの緑豊かな庭側から来客を招き入れるよう動線を変更した。

楽器の演奏なども行う可能性があることから、賃貸住宅部との界壁は防音仕様とし、また、外壁面は断熱材もなく、結露も多くカビが生えていたので、特殊な塗料を使用し、これらを予防している。

オーナー住居部はフルリノベーションを行い、今まであまり使用されていなかった居間を開放感のあるリビングへと変更。明るい色調のインテリアと広い開口を設けた。水回りは最新の設備を使用し、介護もしやすい広々とした浴室空間へと変貌させている。

施工:日本住研

 

2018/kanagawa